夢菜の糖尿病ブログ(改)&余談

糖尿病の闘病中の夢菜の経験談や糖尿病レシピなどを書いてます。更新は不定期です。

抜歯

今回、抜歯することになり、入院して血糖値を下げ、抜歯しました。

12日間で退院。

6回目の入院です。

病院食はすごくまずかった。

今まではそんなにまずいってかんじたことなかったのになぁ?

もう入院はしたくないです。

 

入院したその日からインスリンを投与。

すぐに下がり始め、夜中には初めての低血糖を経験。

私の場合、腹痛、吐き気が強く現れ、測定してみたら80以下。

3日間そんな経験をして、やっとインスリンが減り、そのまま打たなくなった。

退院時は、なくなってました。

1週間で血糖値が下がり、2週間目に口腔外科の先生と相談してもらって、

月曜日にブラッシング指導、木曜日に抜歯しました。

麻酔が痛かった。

上の糸切り歯だからまだそんなに痛くはなかったかな。

その後、抜いて、縫合。

しばらく口の中は血の味だった。

経過もよく土曜日退院。

 

2週目の水曜日から隣のおばさんのところに研修学生が来てた。

いろいろな課題があるみたいで、その人の困ってることを

解決するのと看護士になるための一般的な勉強(血圧測定や脈拍測定など)

きちんとメモをとっていた。

メモをとる=やる気みたいな感じで思っているから頑張ってるなって思った。

頑張っていい看護士になってほしいと思った。

がんばれ^^ 看護士の卵たちよ。

 

山形沖地震が起きて

いつ自分の周りで起きるかわからないので防災の用意を。

いつも言っている靴は、怪我の中で一番多いのが逃げる際、

割れたガラスなどで足を切るというもの。

なのでサンダルやスリッパは不可。

ないよりはましですが。

水は飲むのはもちろん、怪我の時に洗うとか薬を飲むとか

いろいろ用途はある。

タオルやてぬぐい、火災などの口あてや切って包帯にしたり

傷の保護などいろいろある。

ポリ袋は簡易トイレ、ゴミ捨て、水を入れての冷却などいろいろある。

持病が有る人は、1週間の薬の用意。災害時に受け入れてもらえる

病院の確認。自分の病気の意志カードなどを作っておく。

女性は、生理用品を。とある場所で1日に1個しかくばってくれないという事態

が起こっている。

赤ちゃんには、おむつ、ミルクの用意を。母乳の人でもストレスなどで

出なくなる可能性もある。

持ち歩けるように多少の現金を。お店を開けてくれるところもあり。

 

家から避難するときは余裕があるならば、ブレーカーを落としましょう。

通電した時に火災が起こります。

 

防災グッズは小分けにしておくのがいい。

下敷きになったり、ものが散乱して取り出せない場合も多い。

 

家族で集合場所を決めておく。

一時避難、二次非難、三次非難場所くらいまで。

 

かんづめや非常食は家に保管しておく

冷蔵物は役に立ちません。

 

とりあえず、思いついたものを書いてみた。

 

 

鶏ひき肉丼

f:id:yumena201109:20190618113042j:plain

今日のお昼ご飯

材料:玉ねぎ、鶏ひき肉、インゲン、人参、ご飯、和風だし、みりん、つゆの素

作り方:材料は食べやすい大きさに切る。

フライパンに材料を油をひかないで炒め、みりん、和風だし、つゆの素、水を入れ、煮る。

材料が煮えたら器にご飯を入れ、上から具材をのせる。

お好みでブラックペッパーをどうぞ。

スーグラ

今回、2週間入院してきました。

歯の治療のためです。

そこでまた、勉強して知ったことを書きます。

「スーグラ」っていう薬を服用しているのですが、

この薬の作用を知って納得しました。

この薬は、体内の糖を尿と一緒に排出するという作用で

尿と一緒に排出される時に体内の水分も取り込んで

出すので体内の水分が少なくなり脱水になりやすいのです。

この薬を服用している方は水分を多く飲んでくださいね。

それから糖が必ず、出るので尿糖は-にはなりません。

そのため、陰部の周りにも糖がつくのでビデで洗うか

ペーパーを濡らして洗い流してください。

ふき取るだけでは、糖が残りかゆみにつながります。

一番の解決方法は、血糖をよくして薬を減らすことですね。

 

トルリシティ皮下注とその他のお薬

ビクトーザからトルリシティに変わりました。

ビクトーザは、1日1回の注射で、トルリシティは1週間に1回の

注射となります。

ビクトーザはちょっとさして痛ければ場所を変えて打っていたのですが、

トルリシティは押すと刺さる形なので痛くても我慢するしかないのです。

皮下注射なので軽くあてるより少し強めにあててなるべく中まで刺さるように

する方が痛みがよくなります。

軽くあてて接種だと皮膚に注射する感じなのでかなり痛くて皮膚がふくれるので

上手く入ってないかもしれません。

ちなみに現在の薬は、トルリシティ皮下注(接種)

飲み薬:メトホルミン、スーグラ、ピオグリタゾン、アトルバスタチン、ザイザル

です。

最近、薬の飲み忘れや外装からとるのに手がいたくなったりするので血糖値が

安定しません。

担当医が一包化ってしてくれたのですが、値段が高くなるとのことで問い合わせが

薬剤師からあったようなのですが、仕事が忙しくて電話に出れなかったので

今回は一包化していないのです。

百均で小袋をかってきて自分で一包化しようかとも考え中です。

 

    

これから30年以内に90%の確率で地震が起きる

東北地方での地震、3.11は8年前の出来事ですが、同じような場所で地震

起こるようです。

マグニチュード7以上の地震でこの先30年以内に起こる確率が90%と

発表されました。

そこでもう一度、防災グッズの確認をお願いします。

過去に何回も書いているので参照にしてください。

3.11では、病院などの被害が少なかったため、インスリンや飲み薬の

配布は出来たようですが、神戸・淡路大震災の時は直下型地震だったので

病院も被害を受けてしまったため、医薬品が手に入りずらかったようです。

なので、最低、1週間分は持ち出せるようにしておきましょう。

飲み薬の場合は、水も薬を飲む分は確保願います。

いざというときに災害時のやっている病院もチェックしておきましょう。

糖尿病の患者は傷などの悪化が早いので手当もきちんとしましょう。

そのための傷塗り薬、消毒薬、手拭いやタオル、ハサミ、ビニール袋、

ばんそうこうやセロハンテープや布テープなど、患者さんは特に敏感な人も

いるので耳栓、アイマスク、普通のマスクなどもあるといいです。

何回も言っていますが、靴を枕元においておいてください。

サンダルやスリッパはダメです。

上履きなどでも大丈夫です。

わからないことはコメントに書いてみてください。

わかる範囲で回答します。

気軽にコメントください。

ブログのやる気がでます^^

糖尿病と虫歯

ヘモグロビンA1cが8%あると歯の治療が普通に行えないって

知っていますか?

虫歯の進行や歯茎の異常もなりやすいので定期的に歯医者は

行った方がいいです。

ではどのように治療するのか?

8%ぐらいなら前の日から抗生剤を飲んで治療します。

糖尿の人は、出血がとまりにくいとか化膿しやすいそうです。

ヘモグロビンA1cが高いと抜歯は入院治療になる可能性が

あります。

その時の数値によりますが、入院して数値を下げてからの

抜歯で、その後も化膿しやすいので1週間ほど入院になります。

私は、今現在、10.3%あって歯の治療をするのですが、

とりあえず、抜歯はしなくても済みそうなので、長い目で見て

時間かかるけど、全部、治療します。